仕事の効率を高める時間管理術

時間管理術に関する総合情報サイト

時間管理の基本と原則

月の初めには、まず休む日をあらかじめ決めていきます。 普通は働いていると仕事をする日の方に目が行きがちですが、本当に優先すべきなのは休む日を決める方です。 どうして仕事をする日ではなく、あえて休む日を決めることが重要なのか、ここでは見ていきます。

まず休む日を決める月単位の時間管理

ビジネスマンにとって、時間管理は欠かすことのできないビジネススキルです。

世の中には、不眠不休でどんなに頑張っても、仕事のスケジュール繰りがいつもうまくいかず、納期ギリギリになってしまう人がたくさんいると思います。
一人の人に仕事が集中してしまいがちな現代社会ですが、中にはそれでも定時で帰って行く人がいます。
違いは一体どこにあるのでしょうか。
私は、おそらく時間管理術が身についているかいないかが鍵になっていると思います。

締め切りを厳守するのがビジネス、ひいては資本主義の原則にも関わらず、学校の授業ではなぜか時間管理術を教えません。
おそらく、ブラック残業が当たり前になっている学校現場で、教員に時間管理術を教えさせること自体が無理なのでしょう。
そのため、時間管理術を学ぶのはビジネスの現場に出てからになりますが、実際は職場側も余裕がなく、研修でもあまり扱うことがありません。
基本的に時間管理術については自学自習となりますが、時間管理術を学ぶために、たくさんの本を読んだり、セミナーに足を運んだりなどと時間を割いていては本末転倒です。
もっと、シンプルに考えましょう。

時間管理の基本は、自分のリズムと仕事のリズムを合わせることです。その上で、仕事がこなせるようにスケジューリングしていくのが時間管理の原則です。あくまでも、自分にかかる負荷を最小限にして、最大限の結果を出すのが時間管理の目的だということを意識しましょう。

自分の周期を把握する週単位の時間管理

週単位の時間管理をするにあたって、一番大切なことは自分の周期を把握することです。 一般的に人は週の初めにウォームアップを始め、中頃にピークを迎え、週末にクールダウンをしますが、そのパターンに当てはまらない人もいます。 まずは自分をよく観察しましょう。

細かいタスクをコントロールする日単位の時間管理

1日の中での時間管理は、細かいタスクのコントロールが重要になります。 場合によっては数分単位でのコントロールが必要になって大変ですが、外部媒体を使うことでコントロールが格段に楽になります。 それほどお金をかけずにできることばかりですので、是非試してみましょう。

TOPへ戻る